アキレス腱周囲炎の治療法

 

アキレス腱周囲炎とは文字通りアキレス腱部で起こる炎症のことを指し、

ランニングなどのスポーツで繰り返されるストレスがアキレス腱部で周囲の組織と摩擦を生み出し

次第に炎症と痛みが出てくる疾患です。

痛みの原因は腱を包むパラテノンや滑液包、脂肪体など様々ですが、この中でも脂肪体が滑走不全や炎症を起こすと痛みが長引きやすくなります。

 

脂肪体の炎症や変性を治療するには普通の超音波だけでは少し心もとないのが現状です。

 

ですので当院ではこのアキレス腱周囲炎部の痛みにも体外衝撃波(ショックマスター)を使うことが多くあります。

 

 

以前ブログにて何度か説明しておりますが、圧力波という衝撃を患部に撃つことで一時的に患部を傷つけ

変性している患部の治癒を促進させます。

 

1度目の治療で痛みが抜ける患者様も多く、週に1度のペースで治療をしていけば効果が出やすくなります。

 

ランニング時や朝起きた時の一歩目の痛み・・・・

 

なかなか取り切れない方は是非一度ご相談ください。