グロインペインの予防トレーニング

 

たまるやスポーツ鍼灸整骨院・伊藤です。

 

今回は前回紹介させていただいたグロインペインの予防トレーニングの一部をお伝えしたいと思います。

まず、骨盤・背骨の柔軟性と協調性です。

股関節は体幹と下肢を繋ぐ関節であり、骨盤・背骨と連動して動く仕組みになっているので、骨盤・背骨の可動域が悪いこと、協調性がないことは股関節に負担をかけることになります。

この予防方法として1つ目に「キャットバック」というメニューがあります。

このメニューは主に骨盤・背骨の柔軟性を高めるトレーニングです。

手は肩の下、膝は股関節の下に来るようにし、足幅は腰幅で背骨は真っ直ぐにするよう意識します。

これがスタートポジションになります。

次にお腹を凹ますように息を吐きながら背中全体を丸めます。

丸めた背中を次は息を吸いながらお腹を突き出すようにして、背中全体を反らせます。

これを10回前後繰り返します。

  

 

次にそのまま同じ姿勢でできる「ニートゥーエルボー」というトレーニングです。

これは柔軟性と協調性を高めるものです。

先ほどのスタートポジションから右手を前に左足を後ろに真っ直ぐ伸ばし、バランスを取ります。

次に背中を丸めながら右肘と左膝をくっつけます。

これを左右反対側も10回ずつ行います。

 

以上の2つのトレーニングを予防エクササイズとしてやってみましょう。

しかし、過去に足首の捻挫や膝の靭帯損傷などの怪我をしていて機能障害を抱えたままにしていては、このトレーニングをしていても予防できない場合もあります。

まずはご自身の身体をしっかりと評価することが大切です。

気になる方は1度検査をしてみましょう。