外反母趾と靴③

 
 
外反母趾になるとアーチの低下による過回内や母趾や足趾が使えなくなるため、蹴り出しが不十分になります。
 
そうするとバランスが悪くなり歩行スピードが落ちてしまうため足に負担がかかりやすくなります。
 
そこでインソールをいれることでアーチを保持し、母趾・足趾を使いやすくすることで歩行のバランスが良くなり痛みの軽減に繋がります。
 
また足趾を正しく使えるようにすることで正しい筋肉が鍛えられ、少しずつですが外反母趾の改善も期待できます。
 
外反母趾はケガと違い日々の積み重ねで起こる障害です。
今痛みがなくても症状が進行する可能性はあります。
 
しっかり足に合った靴を履き、インソールを入れて未然に防げるものは防ぎましょう。