棘下筋トレーニング!

たまるやスポーツ鍼灸整骨院の目黒です。

今回は肩のトレーニングについて紹介します。

投球により損傷と修復を繰り返し固くなった筋は機能が低下します。そのため固さをとるだけでなくトレーニングで鍛える必要があります。怪我の予防や球速アップにも繋がるのでしっかり行いましょう。

 

今回紹介するのは投球時に重要な棘下筋という筋肉のトレーニングです。 

ダンベルキューバンプレス 

・①~⑦を10回3セットを目安に行いましょう

・間違ったフォームや負荷が重すぎると痛めてしまうリスクがあるので最初は軽い負荷でフォームを意識して行ってください

・慣れてきたら負荷をあげていきましょう。チューブなどよりも棘下筋を効率良く鍛えられます。バーベルがあればバーベルでもOKです。

 

 

 

次回は小円筋のトレーニングを紹介します。