院長からのメッセージ

院長 夛田拓之

 当院は運動器疾患(骨、筋肉、腱、靭帯、関節など)の治療を行う専門治療院です。

 骨折、脱臼、捻挫などの怪我、肩、膝、腰、頸、手足の痛みやスポーツ外傷、傷害に対しては、まず超音波画像観察装置(エコー)を用いて、骨、関節、筋、腱、靭帯などの状態を詳しく観察します。
その後、電気療法、手技療法、運動療法を中心に行い、痛みを取り除いていきます。

 通常は痛みが治まれば治療は終了となりますが、同じ怪我で再院する方が多いため、当院では再発防止のための運動療法がとても大切だと考えており、同ビル5 階に運動療法専門のフロアを開設、メディカルフィットネスと位置づけ、治療にあたる施術者が、最新の姿勢測定器やマシンや独自の検査などを用いて、お客さま個人に合わせた運動療法を行います。この施設はスポーツ選手のみならず、もちろん一般の方もご利用いただけます。

 傷害部位だけの治療では本当の根治とは言えず、必ず痛みには原因があります。原因を見つけ、局所だけでなく全身の状態を把握し、病院が薬を処方するように、当院では運動を処方し、本当の健康づくりのためのサポートをさせていただきます。もし投薬(注射やお薬)、精密検査などが必要と判断した場合は随時、提携している専門病院をご紹介します。

 ぜひ当院をかかりつけ院としてご活用ください。