腰痛に対する簡単なトレーニング

今回は腰痛に対する簡単なトレーニングをご紹介します。


腰痛に対するトレーニングは原因や症状によってさまざですが、今回は体幹の安定と骨盤の動きを出すものをご紹介します。

まずは体幹を固定するためのトレーニングです。


これはプランク、またはフロントブリッジと言われるトレーニングで、体幹を安定させるための筋肉(よく言うコア)に刺激をいれるためのトレーニングです。

コアが持続的に使えないといい姿勢はキープできず、簡単に悪い姿勢になってしまいます。

これを行うことでそれを防ぎ、腰に負担がかかる姿勢になりづらくすることができます。

注意点は、腰を反りすぎたり背中を丸くしすぎないということです。

なかでも腰を反ってしまうとコアに負荷がかからず負担が全て腰に来て、むしろ腰痛を悪化、発生させてしまう原因になってしまうので注意しましょう。

次はキャットバックです。



単に腰痛といっても、腰だけでなく首や背中のかたさが原因になっていることが多々あります。

これは首から腰全体をしっかり動かすことで腰痛を予防、解消するための運動です。

ポイントは、反らすときはしっかりおへそを床につけるイメージ、丸めるときは背中を天井につけるイメージで、最大限動かすところにあります。

最後に補助的なトレーニングです。



さきほどのキャットバックをはじめて行う人に多いのが骨盤が動かない、動かしかたがわからないということです。

バランスボールを使い骨盤を前後にしっかり傾ける動きを反復することで、脳がその動きを把握し、自分で動かせるようになってきます。

これらの運動をするときに共通して言える注意点が、腰に痛みがでたらお腹のほうに力を入れる意識をしっかり持つ、それでも痛い場合は中断、中止するということです。

痛みが出る場合は我慢してどんどんやるのではなく、スタッフにご相談下さい。

腰痛が出やすいかた、今まだ腰痛になったことがあるかた、または慢性的に腰に痛みがあるかたは自宅でも簡単にできる運動ですので、是非継続(できれば毎日でも)してやってみて下さい!

0回の閲覧

​たまるやスポーツ鍼灸整骨院

〒105-0004

​東京都港区新橋1-18-14 

三洋堂ビル本館 7F

TEL : 03-3593-5093  

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon