首(頸部)

首には大小の筋肉(片側で10種以上)と、両肩と背中から首につながる筋肉(片側だけで約10種)により首(頚椎)と頭部をささえています。不良姿勢や、普段の動作で違和感を感じ、ある瞬間かまたは徐々に首に違和感を感じ始める方が増えてきています。

 

むちうち

交通事故の中でも、追突による事故で一番多い症状がこの「むちうち」です。事故の後、病院や接骨院・整骨院で診察を受けた際、「むちうち」と診断されたり「頚椎捻挫」と診断されたりというケースがあると思います。 
では、一般的にいう「むちうち」とは??
「むちうち」とは事故の衝撃によって生じる様々な首の症状を総括して表現したものです。むちうち症、またはむちうち損傷といわれることもあります。軽度の症状では、首の痛み、コリ、めまい、頭痛などを感じたり、重度の症状になると、手足の麻痺や言語障害をきたすこともあります。

 
むちうちの症状は後からやってくる

厄介なのは、事故直後はその興奮と緊張で痛みを感じることが少なく、数日(1週間~10日位)経ってから症状が現れる場合が多いことです。以前、たまるやにお問い合わせいただいた患者さんの中に1週間前に交通事故に遭い、仕事が忙しかったので放置してしまい、あとになって「やっぱり痛い」という方がいらっしゃいました。
むちうちで気をつけなければならないのは、寝違えの痛みと似ていても損傷度合いが全く違うということです。むちうちを引き起こす首の筋肉は、頭を支える役割を担っています。そして、首の筋肉は多くの筋肉によって支えられているため、少しぐらい痛めていても痛みを感じにくいのも特徴です。損傷はしているにも関わらず、痛みを感じない 損傷であること。これにより、患者さんは知らず知らずのうちに首に負荷をかける動作を日常生活の中でしてしまい、損傷をひどくさせてしまうのです。これが時間が経過してから痛みが出る原因となっています。
また早期に治療しないと後遺症が残る原因にもなります。

 
後遺症とは?

よく「これむちうちの後遺症なんだ。寒くなると痛むんだよ」などと友人から聞いたことはありませんか? これは、首の筋肉など損傷度合にもよりますが、受傷後に早期のアイシング、固定、治療などをし、充分に休むことが出来なかったことが原因で残ってしまうものです。または、痛みが取れたもののツッパリ感=筋緊張をしっかりと除去しなかったなども原因になります。

 →治療法

受傷直後からリハビリを開始します。急性期ではアイシング、マイクロカレント療法、超音波療法、コルセットやテーピングによる固定、鍼灸治療、酸素カプセル療法など(但し鍼灸治療は、保険会社の同意が必要です)を、その後1週間位で(症状に寄りますが)急性的な痛みが落ち着いてきたら、次のステップの治療です。
牽引療法、ハイボルテージ療法、手技療法などを。また、高電流サイバー療法も筋緊張除去に効果が期待できます。また、必要と判断した場合や希望があればレントゲンやMRIやCTなど、提携している病院のご紹介もしております。

 

寝違え

寝違えとは、長時間不自然な姿勢をとったり、不良姿勢による筋肉の緊張が強い状態で、不用意に首をひねった際に起こる筋肉や関節の炎症です。
急性期では痛みが強く、運動制限があらゆる方向に見られます。
また、筋肉が過度に緊張することにより神経に負担をかけ、背部や腕に痛みがでたり、頭痛などを引き起こすこともあります。

→治療法

当院では、物理療法(マイクロカレント療法・超音波療法・ラジオ波療法等)や鍼灸治療、そして関節のマルアライメント(骨格の歪み)に対するマッサージやストレッチ,カイロプラクティック等の手技療法を用いて疼痛の消失,早期治癒へと導いてまいります。

 

神経根症状

脊髄から上肢へ向かう神経の出口部分「神経根」を椎間板の膨隆、骨の形成など加齢変化により圧迫してしまい、上肢にしびれや痛みをおこしている状態です。また、感覚障害や筋力低下を伴うこともあります。頸部を後ろに倒すと神経根部分が狭くなり神経が圧迫されるため上肢の症状が強くなるのも特徴の一つです。

→治療法

当院では、物理療法(マイクロカレント療法・超音波療法・ラジオ波療法、Hi-VOLT療法等)や鍼灸治療、そして関節のマルアライメント(骨格の歪み)に対するマッサージやストレッチ,カイロプラクティック等の手技療法を用いて疼痛の消失,早期治癒へと導いてまいります。尚、提携している病院での精密検査(レントゲン、MRI検査など)の御紹介もしております。

 

頸椎椎間板ヘルニア

背骨をつなぐクッションの役目を果たす椎間板が、本来あるべきところから後方に飛び出したり、膨隆し脊髄や神経根を圧迫するものです。加齢による変化や悪い姿勢での作業、スポーツなどでの頸部へのストレスがある方に多くみられます。症状としては、首、肩、腕、手指のしびれや感覚障害、筋力低下、巧緻(こうち)運動障害(お箸やボタ ンが使いづらい)などが特徴です。

→治療法

症状の出ない姿勢を見つけ、その姿勢を患者様自身に意識していただくこから始め、神経にストレスがかかりにくい姿勢を探していきます。そして物理療法により神経伝導を良くし、痛みやしびれに対する治療を行います。
また自費ではありますが、カイロプラクティック治療も有効です。

​たまるやスポーツ鍼灸整骨院

〒105-0004

​東京都港区新橋1-18-14 

三洋堂ビル本館 7F

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

TEL : 03-3593-5093