上腕骨外側上顆炎

上腕骨外側上顆炎

上腕骨外側上顆炎とは、ものをつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。多くの場合、安静時の痛みはなく、腕を使うことで痛みが出現する。

中年のテニス愛好家に発生することが多く、バックハンドストロークの際に負担が加わるため、テニス肘とも呼ばれます。


*発生機序*

指や手の関節を伸ばす筋肉には、長橈側手根伸筋短橈側手根伸筋総指伸筋などがあり、これらが相互に作用することで手首や指が伸びる働きをしている。このように指や手を伸ばす筋肉を、伸筋群と呼ぶ。

これらの伸筋群は、上腕骨の一部である「外側上顆」と呼ばれる肘の外側にあたる部分に付着している。ものを持ち上げたり、手をひねったりする動作を繰り返すと、慢性的に外側上顆に炎症が引き起こされ、結果として上腕骨外側上顆炎が発症する。

主に短橈側手根伸筋が付着する部位で、障害を受けることが多いと考えられてる。

*症状と所見*

・手を使った時の肘、前腕外側に生じる疼痛

・安静時には痛みがないことが多い

外側上腕炎の徒手検査として、以下の3つのテストが効果的です。このテストで痛みがでたら治療が必要です。

a.Thomsenテスト

b.Chairテスト 

c.中指伸展テスト



a.Thomsenテスト

肘を伸ばした状態で患者さんに手首を反らしてもらう。検者は患者さんが反らした手首に抵抗を加える。このときに肘の外側に痛みを感じるようであれば治療が必要です。

b.Chairテスト

肘を伸ばした状態のまま患者さんに椅子を持ち上げてもらう。このときに肘の外側に痛みを感じるようであれば、治療が必要です。

c.中指伸展テスト

肘を伸ばしたままの状態で、検者が患者さんの中指に抵抗を加える。患者さんには指全体を伸展してもらう。このときに肘の外側に痛みを感じるようであれば、治療が必要です。

上腕骨外側上顆炎が慢性になると、関節の内外に様々な病変を引き起こすことがあるため、専門医にてレントゲン検査やMRI検査を行うこともあります。重症だと筋肉に穴が空いた例も報告されています。中々、治らないのも外側上顆炎の特徴でもあります。

*治療*

・治療が第1である。週3回5週間が治る道です。

・私生活の面でも重量物を持ち上げる時など、手のひらを上に向けて持ち上げるようにする→外側上顆