肩鎖関節脱臼

今回は肩鎖関節脱臼についてご説明します!


・肩鎖関節脱臼とは?

肩鎖関節が損傷または脱臼し、関節周囲の痛みや上肢の運動制限、筋力低下などを起こす傷害です。


・肩鎖関節の場所と構造

肩鎖関節とは、肩峰(肩甲骨)と鎖骨からなる関節です。肩甲骨と腕の運動を連動させるとても大事な関節になります。

また、この関節をつなぎ、肩鎖関節脱臼キーポイントとなる靭帯を紹介します!

肩鎖関節と肩鎖関節周囲の靭帯(“出典:標準整形外科学 第9版”)


①肩鎖関節靭帯

②烏口鎖骨靭帯(菱形靭帯、円錐靭帯)



上記の2つの靭帯が肩峰(肩甲骨)と鎖骨を繋ぎ、上肢の運動を可能にする重要な靭帯になります!


・受傷機転は?


肩鎖関節の脱臼は、肩からの転倒や衝突で肩の外側を強打することによって発生します。


例えば、、


・柔道で投げられて受け身を失敗して肩から落ちたとき


・ラグビーでタックルされた時に地面に叩き付けられたとき、スクラムを失敗したとき

・スキーやスノーボードで落下や障害物に衝突したとき


などがあげられます。また、スポーツ以外でもオートバイから落ちた時や転倒した際に受傷することがあります。

重症度は?


肩鎖関節の損傷は、肩峰と鎖骨をつなぐ肩鎖靭帯、烏合鎖骨靭帯(菱形靭帯、円錐靭帯)の損傷具合によって3つに分類されます。

肩鎖関節脱臼の分類(“出典:公認アスレティックトレーナー専門科目テキスト 第 3巻スポーツ外傷・障害の基礎知識")

1度は肩鎖靭帯の軽度の損傷、捻挫です。


2度では肩鎖靭帯のみが断裂し亜脱臼の状態です。