腰部脊柱管狭窄症

 脊柱管内を走行している神経組織(馬尾、神経根)と周囲組織(骨、軟部組織)との関係が何らかの理由で破綻し狭窄が生じたため、神経症状を呈する状態のことを脊柱管狭窄症と言います。

 腰部脊柱管狭窄は様々な疾患や病態が混在しているため、1つの疾患単位とするよりも種々の腰椎疾患にみられる1つの病態として把握しておく必要があります。

【分類】


先天性(発育性)脊柱管狭窄

脊柱管が正常より狭く成長したために生じた狭窄であり、軟骨無形成症の狭窄が代表的かつ高度にみられます。


後天性脊柱管狭窄


A.変性脊柱管狭窄

 大多数、男性に多い、多椎間に認められます。

 変性すべり症による狭窄は女性が多くL4-5に多いです。

   

B.合併狭窄

 先天性脊柱管狭窄と変性脊柱管狭窄が合併したり、変性脊柱管狭窄に椎間板ヘルニアが合併したりする場合のことです。

   

C.医原性脊柱管狭窄

 椎弓切除や脊椎後方固定術のあとに脊柱管が狭窄したものです。


D.外傷後の脊柱管狭窄


E.その他

    骨Paget(パジェット)病など。

画像出典 ‘標準整形外科学 第9版’


【症状】


神経性間欠跛行

歩行により出現する自覚症状と他覚所見から

・馬尾型 ・神経根型 ・混合型 に大別されます。

画像出典 ‘標準整形外科学 第9版’


体幹を屈曲したりしゃがみ込むなどにより、下肢に出現した症状が消失し歩き始めることができます。これは、他の疾患、特に閉塞性動脈硬化症による下肢痛との鑑別をするうえで極めて重要です。

馬尾性間欠跛行

自覚症状は両下肢、臀部、および会陰部の異常感覚が特徴です。

しびれ、灼熱感、ほてり、下肢の脱力感といった愁訴が多く、膀胱直腸障害を伴っていることがあります。疼痛