頚椎性頭痛


1.アトラスの亜脱臼により、自律神経系が乱れ、頭痛を引き起こす。

2.日々の姿勢不良加齢変性事故などで頚椎周囲に支障がでて誘発される。

3.周囲筋の過緊張、頚椎になんらかの変性が起き、栄養血管である、椎骨動脈が正常に機能せず頭痛を引き起こす。

同時に頚椎に変性もある場合、頸部痛、上肢や肩甲間部などに痺れ、放散痛があることもあります。


デスクワークで頭部の前方変位が強い方などは要注意です。

たまるやでできることは

1、自律神経系を整える治療(鍼灸、カイロ、マッサージ、アロマなど)

→頸部だけに囚われがちですが、自律神経系が乱れているときは、肩甲間部斜角筋なども過緊張します。治療の会話の中で患者様のストレッサーを聞き出し、問題を解決することで緩和することもあります。


↓↓↓たまるやでのカイロプラクティックは一部ですが、このように治療していきます。



2.周囲筋の筋緊張緩和

交感神経幹が深部を通る斜角筋の筋緊張が強くなります。


背部(肩甲間部)の筋緊張も強くなりやすいです。


筋緊張を緩めることで、頭部に栄養も行き渡り、心身緊張もほぐれ、頭痛が軽減します。

患部だけではなく、全身調整を行うことで、頭痛の症状は緩解します。







たまるやコア

https://www.tamaruyacore.space/

たまるやインソール

https://www.tamaruyainsole.work/

20回の閲覧

​たまるやスポーツ鍼灸整骨院

〒105-0004

​東京都港区新橋1-18-14 

三洋堂ビル本館 7F

TEL : 03-3593-5093  

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon