投球における股関節



前回までは野球肩の予防として肩や胸椎など上半身のストレッチを紹介してきました。 今回は股関節についてです。肩なのに股関節?と思う方もいらっしゃるかもしれません。 しかし股関節は地面〜下肢のエネルギーを上半身へと伝える中継地点となるので非常に大切です。



写真はレイトコッキング期の下半身です。 これを見ただけでも股関節に柔軟性が必要なことがまずおわかりかと思います。さらにここから左脚へと体重移動していくのでそれを支えてバランスをとるための筋力も大切です。 また、ワインドアップ〜アーリーコッキング期の間では右脚で立ち上体の捻りを保ったままお尻から体重移動をしていくため、両脚ともに股関節の柔軟性と筋力が求められます。

これらがうまく機能しないと上体に頼った投げ方になり、肩や肘への負担が大きく故障のリスクは高くなります。 次回は股関節のトレーニングを紹介します。


14回の閲覧

​たまるやスポーツ鍼灸整骨院

〒105-0004

​東京都港区新橋1-18-14 

三洋堂ビル本館 7F

TEL : 03-3593-5093  

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon