鵞足炎の症状と原因


鵞足炎 「鵞足」とは、膝の内側で縫工筋、薄筋、半腱様筋の3つの筋肉が脛骨に付着する部分を指しており、鵞鳥の足に似ているという意味で鵞足と呼ばれています。 そこに圧痛、腫脹、運動痛、荷重痛などが生じます。


原因はオーバーユースによるものが大きいです。 特に膝が内に入る「knee in」X脚の場合、ランニング中の着地の際につま先が外側に向く外旋動作が繰り返し起こり鵞足部で腱と骨が擦れて炎症が発生します。 それに加え、準備運動不足、柔軟性の低下、足に合わないシューズで走ることも要因となります。 発症したらランニングを中止しアイシングや固定が必要となります。 次回は予防のストレッチや筋トレを紹介します。


1,092回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示