肘部管症候群とは?


今回は肘部管症候群について説明します。 肘部管症候群症候群は、前回ご説明したギヨン管症候群と一緒で尺骨神経に障害が起きます。 ギヨン管症候群との違いは ・手のひらにあるギヨン管ではなく、肘の内側にある肘部管の位置を軽く叩くと小指と薬指の一部に痺れ(チネル徴候)が出る。 ・痺れが手のひら側だけではなく手の甲側にも出る。 ・重症化すると、母指球筋、小指球筋、骨間筋が萎縮して「かぎ爪変形(鷲手変形ともいう」が起こる。




原因はとしては ・骨折など怪我による変形 ・靭帯やガングリオンなどによる神経の圧迫 ・野球や柔道などスポーツによるオーバーワーク などが挙げられます。 重症化すると手術の適応になりますが、早めに治療することにより症状を改善させることは十分可能ですので、思い当たる症状がありましたら当院にご相談ください。


295回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示