有痛性外脛骨のテーピング


有痛性外脛骨2



今回は前回お話しした有痛性外脛骨のテーピング方法を説明したいと思います。



まずは足底のアーチの低下を防ぐテーピングを貼ります。
スタートは足底中央上の押すと指が曲がる部分があるのでそこをスタートにして縦に3本貼ります。





次に横アーチを保持するためのテーピングを貼っていきます。
長めのテープでUの字を書くように貼ります。





さらに踵が外側に逃げてしまい、足部が内側に落ちないよう過回内防止のテーピングを貼ります。






最後に後脛骨筋の補助を中心としたテーピングを貼ります。




以上が有痛性外脛骨に対するテーピングになります。
しかし、痛みの程度によりテープの種類や本数を増やしたり減らしたりします。そのため、しっかりとした専門家にテープを巻いてもらうことがベストです。

#足の症状治療

3,555回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示