ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)


ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎) ドケルバン病とは母指や手関節を動かすと手関節の母指側に痛みが生じる疾患です。


〜特徴〜 妊娠出産期の女性・更年期の女性に多く発症します。また、デスクワークなど指をよく使う職業やスポーツをされる方にも多い疾患になります。 〜原因〜 母指を広げた時に出てくる2つの腱のうち、画像の赤いラインの腱(短母指伸筋と長母指外転筋)が腱鞘というトンネルで炎症を起こし疼痛を起こします。


炎症が起きる理由は上記にも述べましたが、指の使い過ぎで、特に母指をよく使うことで腱がトンネルの狭くなっている部分で傷ついたり、そのトンネルである腱鞘が肥厚したりすることでトンネルが狭くなり炎症を引き起こします。 〜テスト法〜

このドケルバン病になっているかどうかを確かめる代表的なテスト法として、フィンケルシュタインテストがあります。 このテストは母指を手のひらに入れて握り小指側に向けて手首を曲げます。 これで赤丸のところが痛くなればドケルバン病の可能性があります。


次回はこのドケルバン病の固定方法を説明させていただきます。


65回の閲覧

​たまるやスポーツ鍼灸整骨院

〒105-0004

​東京都港区新橋1-18-14 

三洋堂ビル本館 7F

TEL : 03-3593-5093  

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon