春野菜で栄養を


こんにちは、目黒です。 前回は脚をつらないようにする為に摂取したほうがいい栄養素についてお話しました。 今回も栄養繋がりのお話です。 寒暖差や花粉症で体調が良くなかったりする方にオススメです。


だいぶ暖かくなり春らしくなってきました。 春で栄養といえば春野菜でしょうか。 苦いので子どもの頃はほとんど食べませんでしたが、今では美味しく感じられるようになりました。 少し大人になったんだなあと感じます。 飲み屋さんで野菜の天ぷらとか注文する時なんか気分は完全に大人ですね。 そんな春野菜ですがどういう栄養、どういう効果があるのかをご紹介します。

まずは植物性アルカロイド 腎臓の機能を高め、代謝を良くし老廃物を排出しやすくします。 たらの芽やふきのとうなどに含まれます。 次にテルペン 血行促進や抗酸化作用。また、ストレスを緩和する効果もあるそうです。 花粉症がストレスになっている方に良いかもしれません。 セリやアシタバなどに含まれます。 次にイソチオシネアート 肝臓の解毒作用を強化します。お酒好きで肝臓に負担をかけている方に良さそうです。 春キャベツやチンゲン菜に含まれます。 他にも様々な良い効果がある野菜がたくさんあります。 知ったうえで食べるとより効果的だと思うので、皆さんぜひ頭の片隅に入れて野菜を食べましょう。


7回の閲覧

​たまるやスポーツ鍼灸整骨院

〒105-0004

​東京都港区新橋1-18-14 

三洋堂ビル本館 7F

TEL : 03-3593-5093  

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon