外脛骨

最終更新: 2020年4月15日


子供が『何か足痛い!!』と言うと足の内側だとこの成長障害の外脛骨かなと疑います。

足の舟状骨内側に存在する過剰骨が疼痛の原因、成長過程で骨が癒合しなかった場合でもなります。

外脛骨の発生率は10~20%といわれます。

有痛性外脛骨は10~15歳の女性に多く、体重増加、運動量の増加などが関係するといわれている。

また同部位には内側縦アーチの保持に関与する後脛骨筋が付着しており、扁平足のある患者さんに発生する傾向があります。下記の青い位置に外脛骨ができます。




出典“THE ANATOMY COLORING BOOK ”



発生機序

運動量増加に伴い、徐々に疼痛が出現する。運動後に多々繰り返す。

関節の捻挫などの外傷を契機として出現するものがあり、成人期に発症する有痛性外脛骨の多くは外傷を契機とします。

症状

足部内側に骨性隆起を認める。局所に疼痛、発赤、熱感がみられる。靴を履いた際に同部が圧迫されて痛みを訴える。炎症が強い時は歩行障害が起きる。

治療法

たまるやでは内側のアーチが落ちないように初期対応ではテーピングなどをし、炎症がおさまり次第に歩行に改善指導、インソールなどを作って治療・予防していきます。

たまるやコア

https://www.tamaruyacore.space/

たまるやインソール

https://www.tamaruyainsole.work/

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示